白い枝をワイヤーアートで飾ってみる!(後編)

ワイヤーアートを飾る後編

 

Masayoshi大今回は、白い枝をワイヤーアートで飾ってみる!の後編です。

木目をいかしたオシャレなカントリー調の板壁を作り、前回作ったワイヤーアートを飾ります。

板壁の着色に、水彩絵の具を使います。

水彩絵の具は、木目がきれいに出て、安く、色も混ぜ合わせで無数に作れますのでオススメです。

仕上げにつや消しニスを塗りますが、選定に注意が必要です。

◆この記事で分ること

  • 木目をいかしたオシャレな板壁の作り方
  • 水彩絵の具の上から塗るクリアー塗料の選び方

 

白い枝の下にカントリー調の板壁を作る

Masayoshi考える
Masayoshi

白い枝×ワイヤーアートですが、

  • 白い枝の背景は、濃い色が良い。
  • ワイヤーアートの背景は、薄い色が良い。

という困った感じの作品になりました。

クリーム色の壁に直接飾ると、白い枝が目立たず、枝の影が重なって、うるさい感じに・・・

壁に直接飾るとイマイチ

そこで、白い枝の下に、板を並べてカントリー調の壁を作ることにしました。

完成イメージはこんな↓感じです。

完成イメージ

板壁は、木目をいかした紺色塗装にします。

部分的に塗装がかすれたカントリー調にしてみます。

板壁にワイヤーアートを固定する引っ掛け部をつけます。

材料の準備

Masayoshiポイント2
Masayoshi
今回の材料は、ホームセンターで揃えました。

杉板を使います。

非常にやわらかい木です。

傷がつきやすいですが、とても軽量木目がはっきり出るので、室内の壁装飾に向いています。

値段も安いです。

木目表現を少なめにしたい方は、ヒノキを選ぶと良いです。

下にホームセンターで入手性の良い木材の特徴をまとめました。

杉板は、密度が低い=目が詰まっていないので、軽いです。

その分、ネジがききにくく、強く締めるとずるっと空回りしやすいので注意です。

木材種木目の
目立ち度
軽さ値段の安さ特徴
杉板★★★★★★★★★やわらかい
密度:低め
ネジと相性悪い
パイン板★★★★長期放置で飴色になる
密度:中
家具に多い
ヒノキ板★★★★高級で万能
密度:中

 

材料

 

◆材料

  • 杉板1:厚み7mm 600mm×70mm 5枚
  • 杉板2:厚み7mm 600mm×30mm 1枚
  • 丸棒:直径24mm 910mm 1本

ワイヤーアートの引っ掛け部に使う丸棒は、材料名が無かったのですが、白木でやわらかいので、ホワイトウッドだと思います。

 

カントリー調の板壁の作り方

Masayoshiポイント2
Masayoshi
板壁の作り方を紹介します。

板の面取りとカット

杉板1は、すのこ状に少し隙間を空けて並べますが、見える側の板稜線の面取りをします。

面取りがあった方が、立体感がでます。

カンナを使って、5mm程度ななめに面取りします。

ザックリでOKです。

不揃いの方が、手作り感が出て良いです。

面取りをする

杉板2は、すのこ状に並べた杉板1をつなぐ役割です。

半分に切っておきます。

杉材2の役割

見える面のやすりがけ

塗装の前に見える面のやすりがけをします。

紙やすり400番くらいで、軽くこすります。

終わったら、しぼったぞうきんで、木くずを取っておきます。

水彩絵の具で塗装

水彩絵の具で塗る

着色は、サクラの水彩絵の具【あいいろ】を使います。

小皿に絵の具を出して、少量の水で溶いて筆で塗っていきます。

水彩絵の具は、水で溶くと隠蔽姓が低くなるので、木目が引き立ちます。

裏面意外を塗ります。

塗り終わったら、しばらく乾燥させ、2回塗ります。

杉板2は裏面になりますが、杉板1の隙間から見えるので、同様に塗っておきます。

仕上げにつや消しクリアーを塗る

仕上げに、つや消しクリアーを塗ります。

つや消しクリアーを塗ると、落ち着いた感じが出せて、絵の具の色落ちを防ぐのでオススメです。

水彩絵の具の塗面に上塗りするつや消しクリアー塗料は選定に注意が必要です。

◆水彩絵の具の上に塗る、塗料の選定ポイント
絵の具が溶けるのを防ぐ為、
油性つや消しニスを選びます。(すごく臭いですが・・・)
Masayoshiたじたじ
Masayoshi
水性ニスを選ぶと、下地の絵の具が溶けて、ぐちゃぐちゃになります。
(経験済み)

筆を専用薄め液(シンナー)で洗うのが嫌なので、スプレータイプを選んでいます。

1回塗って、乾燥後に紙やすり400番を軽くかけます。

面取り部の稜線は強めにかけて、あいいろを部分的に削り、カントリー調にしてみます。

やすりをかけると表面が白く濁りますが、2回目を塗るときれいになるので大丈夫です。

その後、2回目の塗りをします。

これで塗装は完了です。

塗装の手順

◆油性タイプスプレー使用時の注意事項
とてつもなく臭いです。
白い枝を塗る時は、オススメしませんでしたが、今回は仕方なく使います。
近隣の方に迷惑をかけないよう、注意しましょう。

水溶性つや消しニスは大失敗!

水彩絵の具の上から塗るニスとして、水溶性ニスが良いとされています。

今回、こちら↓を入手出来たので、試しました。

水溶性ニスは失敗

確かに、絵の具が溶けることは無く塗ることは出来ます。

ところが、白く粉を吹いた感じになり、2回塗っても粉っぽさが消えず、大失敗でした。

すご~く小さい文字で、注意書きが・・・

◆水溶性つや消しニスの注意書き
白い微粉末のつや消し剤が残る場合があり、先につや出しニスを塗って、素地を固めてから仕上げにぬると良い。

これは、オススメ出来ません。

結局、再度表面に紙やすりをかけて、油性つや消しニスをぬることになりました。

板壁を組み立てる

塗装が終わった板を、すのこ状に並べて固定します。

杉板2を縦に平行に並べ、塗装済みの板を上から並べます。

イメージ通りの配置ができたら、木工用ボンドで固定します。

板と板の間は、2mm程度間隔を空けました。

板を組み立てる

ボンドが乾いたら、装飾の意味で、真鍮の小釘を打っています。

 

ワイヤーアートをぶら下げる部分を作る

Masayoshiポイント2
Masayoshi
丸棒を加工して、ワイヤーアートをぶら下げる部分を作ります。

ワイヤーアートを付けた白い枝は、飾った状態で、奥行き方向に厚みがあります。

なので、ぶら下げる部分は、壁から出っ張っている必要があります。

ワイヤーアートを引っ掛ける部分は、のこぎりで丸棒に溝をきって、ヤスリで仕上げます。

形が出来たら、塗装します。

こちらは、濃い木の色にしたいので、家に余っていた水性ステイン(オーク)で塗りました。

水彩絵の具を使ってもOKです。

溝をきって着色

着色が完了したら、板壁上に裏面からネジで取り付けます。

続いて、額縁の裏についている、ひもを付ける部品をネジ止めします。

裏面に紐を付ける

ひもを通して完成です。

板壁の完成

飾ってみる

Masayoshiポイント2
Masayoshi
飾ってみましょう!

板壁を壁に取り付けます。

壁は石膏ボード+壁紙なので、石膏ボード用のフックを取り付けます。

板壁をかけてみます。

続いて、ワイヤーアートをかけます。

この時、重みで片側に傾きます。

板壁のひもが掛かっている位置をすこしずらして調整しましょう。

傾きを調整

Masayoshi
Masayoshi
完成です!
クリックで拡大します。

完成!

 

まとめ

Masayoshi大白い枝×ワイヤーアートを飾る、を2回に渡り紹介しました。

水溶性つや消しニスの大失敗があり、リカバリーに時間がかかりましたが、なんとか良い感じになりました。

◆おさらい
水彩絵の具の上に塗る塗料は、油性塗料を選ぶ。
水溶性つや消しニスは、白い粉を吹いた感じになるので、使わない方が良い。

今回、仕上げに油性つや消しニスを使いました。

ニスというと、つやを出すものというイメージがあります。

つや消しって必要?

と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

つや消しは、スポットライトが当たっても、反射が押さえられ、落ち着いた高級感のある仕上がりになります。

ぜひ一度、お試し下さい。

自然の枝を使ったオブジェは、同じものは出来ませんので、世界で1つの作品になります。

自然の形をアートに取り入れるのは、面白いですよ!

皆さんも作ってみては?

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク