テーマを一新してリニューアルOPENです!これからも、よろしくお願い致します。

簡単!写真を文字で切り抜く方法 by パワポ

写真を文字で切り抜く方法

 


Sanakoこんにちは!Sanakoです。
パワポを使って、「写真」を「文字」で切り抜く方法の紹介です。
人が「マネしにくいデザインのコツ」も紹介します。
「どうやって作ったの?」と驚かれること間違い無しですよ!
本記事はPowerPoint 2019 ( OS:Windows 10 )を使って説明します。


 

<本記事で分かること>
1.写真を文字で切り抜く方法
2.マネされ難いデザインのコツ

 

<手順>

1.文字をコピペして重ねる
2.2つの文字を結合して図形化
3.写真の上に図形化した文字を配置
4.写真を文字で切り抜く
 

写真と文字のイメージを決める

切り抜く写真を読み込みます。
挿入→画像 で写真を選択して読み込みます。
写真が大きい場合は、適当なサイズに縮小しておきます。

写真の読み込み

文字をイメージします。
今回は単純にアルファベットで「Apple」にします。

 

切り抜く文字の下準備

文字の図形化について

文字で切り抜く為には、文字を「図形化」する必要があります。
通常、パワポで入力する文字は、「フォント」と呼ばれています。
フォントの状態では、「文言」と「フォント種類」の変更が可能ですが、写真を切り抜く為に「図形化」すると、変更が出来なくなります。
文言とフォント種類は決めてから「図形化」する必要があります。

文字の入力

まず、文字を入力します。
挿入→図形→「テキストボックス」を選択し、スライドシート上で、左クリックした後、文字を入力します。
文字入力

 

文字入力2

文字フォントとサイズを変更

フォントの種類とサイズ変更の為に、文字を選択します。
テキスト近傍を選択するか、テキスト全てをドラッグして色反転させて選択します。
※点滅した縦カーソルが、文字間にある状態では文字が選択されていません。

文字選択状態

選択状態で、ホーム→フォントの種類をプルダウンから選択。
続いて、フォントサイズを選択します。
写真が文字に入るので、太めの書体を選びます。

  • サイズ:80pt
  • フォント:Arial black

にしました。
文字サイズ変更は図形化後でも可能です。
フォント選択

文字を複製

文字を図形化します。
先に入力した文字をコピーします。
Ctrlキーを押しながら左クリック+ドラッグでコピー完了です。

文字のコピペ

文字を重ねて結合「図形化」

2つの文字をピッタリ重ねます。
2つを囲って選択し、配置→配置→「左右中央揃え」、同じく「上下中央揃え」
これで、完全に重なりました。

文字をピッタリ重ねる

2つが選択された状態で、書式→図形の結合→「接合」を選択。
これで、「図形化」されました。

文字を図形化

文字の下準備は完了です。

写真と文字のサイズ調整

写真と文字サイズを調整します。
写真(画像)と図形では、拡大縮小する時の挙動が違いますので、まとめておきます。

写真(画像)の拡縮時の挙動

四隅をつかんで拡縮する分には、縦横比を保ちますが、辺の中点をつかむと、縦横比が変わります。
通常は、四隅をつかんで拡縮して下さい。

ポイント 拡大・縮小時の挙動
四隅のポイント 縦横比をたもつ
辺の中点ポイント 縦横比が変わる

 

写真の拡縮時の挙動

 

図形の拡縮時の挙動

図形は、四隅をつかんで拡縮すると、縦横比が変わります。
変えたくない場合は、Shiftキーを押しながら動かして下さい。
辺の中点をつかむと、縦横比が変わるのは、写真と同じです。

ポイント 拡大・縮小時の挙動
四隅のポイント 縦横比が変わる
Shiftキー押しながらで縦横比をたもつ
辺の中点ポイント 縦横比が変わる

 

図形の拡縮時の挙動

 

memo
写真も図形も、間違えてゆがんだ形になった場合は、慌てず、パワポ左上の戻る矢印をクリックして、元に戻しましょう。

 

写真と文字のサイズ調整が終わりました。
↓こんな感じです。

写真と文字のサイズ調整完了

切り抜きと分離

切り抜き

先に「写真」を左クリックで選択し、その後に、「Ctrlキー」を押しながら「文字」を左クリックで選択。
この順番は、重要です。

選択順番が重要

両方が選択されたら、描画ツール→図形の結合→「切り出し」を選択。
これで、切り抜けています。
写真の外(白地)をクリックして選択状態を解除して下さい。

切り出し

文字を取り出す

文字はバラバラのパーツになっています。
適当に取り出すと、元の位置関係を再現出来なくなるので、注意が必要です。
今回は、切り取り後に残った写真側も使いたいので、文字の穴になっている部分を写真側に残します。

取り出す最初の文字を左クリックで選択した後、Ctrlキーを押しながら隣の文字を選択していきます。
全て選択出来たら、Ctrlキーを離し文字上で右クリック→「グループ化」でまとめます。

文字を選択

選択作業中に誤って、写真をクリックすることがありますが、もう一度、写真をクリックすれば、解除されます。
グループ化した文字を写真から抜き出して下さい。

写真側は、文字の穴部分が残った形になっています。
こちらも、バラバラなパーツになっているので、写真全体を囲って選択し、右クリック→グループ化してまとめます。

 

写真のグループ化

文字を写真の前面にもってきます。
文字を右クリック→最前面に移動

これで、文字による切り抜きが完了です。

切り抜き完了

マネされ難いデザインのコツ

安易に完成せず、ひと工夫

ここまでは、写真を文字で切り抜く方法の紹介でした。
これから、オシャレなリーフレットやチラシ、ポスターなどの作品にするのは、あなたの感性です。
簡単に終わらすと、誰でも作れるものになってしまいます。例えば・・・

切り抜いた写真側を見ると、文字が抜けた部分が白く抜けていますね。
これと同じ状態をつくるのは素人でも簡単です。
白文字を載せるだけです(笑)。
切り抜いた写真側だけを使うデザインだと、切り抜く必要はありません(汗)

なので、ひと工夫して、切り抜かないと絶対に出来ないデザインにしましょう。

簡単です。写真をもう一枚下にひきます。
切り抜き窓から写真が見える状態は、切り抜かないと出来ないので、差別化が出来ますね!
↓クリックで拡大します。

別の写真を下に入れてみる

 

ポイント
全部重ねるのではなく、途中で止めて、文字の穴を残すのがコツです。

 

◆作り方

風景写真を挿入したら、書式→色→マトリクス状に選択肢が出るので、好みの色を選択

 

写真の色変更

後は、重ねるだけです。
下に入れる写真は、写真を右クリック→最背面へ移動

別の写真を下に入れる方法

 

別の絵を入れてみる

別の絵や図を下に入れてみた物がこちらです。
ロボットの絵は、パワポに入っているアイコンです。
挿入→アイコン から選べます。
↓クリックで拡大します。

絵や図を下に入れた例

 

ポイント
絵が文字をまたぐ様に配置すると、文字穴の裏にいる感が出せます。

 

紫の雲も、挿入→図形→雲を選択 
写真と雲には、影をつけています。
影をつけたいものを選択したら、書式→図の効果→影 影の向きはいろいろ試してみて下さい。

絵を下に入れる方法

 

主題を明確にしてみる

文字を主とするならば、他の部分をモノトーン化してみると、主題がはっきりして、おしゃれな感じになります。
モノトーン化は、写真を選択し、書式→色で、マトリックス表示から、

  • 彩度を下げる
  • 色味を選ぶ

これで、良い感じになります。
↓クリックで拡大します。

主題を明確にした例

 

ポイント
切り抜いた文字は、右上に少しずらし、背景色をアクセントに入れることで、文字輪郭のメリハリをつけています。

 

まとめ

Sanako大細かく描きすぎたので、長くなりましたが(汗)、何度かやると簡単です。
切り抜く作業よりも、切り抜いた物をどうデザインするかが、あなたの腕の見せ所です。

日頃から、雑誌や広告、ポスターなどを、「グラフィックデザイン」の目で見て、印象に残ったものを写真に撮っておくと良いですよ。
ほとんどのグラフィックデザインは、パワポで作れます。

たくさんのデザインを見て、脳の引き出しにストックを増やし、あなたの感性を磨いて下さい。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。


 

スポンサーリンク