このサイトの絵や画像は全部パワポで作っています!

効果絶大!【無断投函お断り】ラベルをパワポで作ってみる!

無断投函お断りラベル

 

Sanako最近、ポストに不要なチラシがたくさん入るようになりました。

捨てるだけなのですが、宅配便の不在票が間に入っていたりするときがあり、

結構注意して捨てないといけなくて、面倒です。

ちまたで効果がありそうと言われている、お断りラベルをパワーポイントで作ってみましょう。

パワーポイントに元から入っている、【ピクトグラムアイコン】も入れてみます。

◆この記事でわかること

  • パワーポイントで、チラシの無断投函お断りラベルを作る方法
    (スライドを【はがきサイズ】に設定する方法)
  • 【ピクトグラムアイコン】の使い方

 

スポンサーリンク

完成イメージ

Sanako2
Sanako
完成のイメージです。
これで、不要なチラシ投函が減るといいな・・・
今回も、はがきサイズのラベルシートに出力します。
パワポでデザインした完成イメージはこんな感じです。
デザイン完成イメージ

スライドサイズをはがきサイズにする

Sanako3
Sanako
スライドのサイズ変更からです。
パワーポイントを起動したら、不要な入力枠を選択して、Deleteキーで消します。
不要の枠を削除
続いて、スライドのサイズを【はがきサイズ】にします。
上のメニューから、①【デザイン】⇒②【スライドのサイズ】
⇒③【ユーザー設定のスライドサイズ】
スライドサイズを変更
ポップアップメニュー左上【スライドサイズ指定】のプルダウンから、
【はがき 100×148mm】を選択します。
はがきサイズを選択
OKを押すと、【最大化】or【サイズに合わせて調整】の画面になります。
まだ何も描いていないので、どちらでも良いですが、【最大化】を押して抜けます。
最大化を押す
これで、はがきサイズになりました。

ラベルをデザイン

Sanako2
Sanako
それでは、ラベルをデザインしていきましょう。

ベースを描く

まず、ベースの長方形を描きますね。

【挿入】⇒【図形】⇒【正方形/長方形】

3cm×12cmで作ります。

長方形が選択された状態で、上のメニュー【図形の書式】を選ぶと、

左端に、【サイズ】欄があります。

ここに、

  • 縦:3cm
  • 横:12cm

と入力しましょう。

長方形のサイズを入力

色と外枠を変更

色は、【白】にしますね。

長方形をクリックして選択し、上の【図形の書式】から、

【図形の塗りつぶし】⇒【白】を選択。

白に設定

外枠に少し飾りをつけてみます。

長方形を右クリック⇒【図の書式設定】

右クリック書式設定

右に出たメニュー【線】

  • 【色】:赤
  • 【幅】:5pt
  • 【一重線/多重線】:太線+細線

ここまでで、こんな感じの外枠ができました。

輪郭線を二重線に変更

右側のメニューは、右上の×をクリックして消しておきます。

文字を入れる

つづいて、文字を入れます。

【挿入】⇒【図形】⇒【テキストボックス】

マウスでドラッグして、四角の枠を描くと、テキストボックスが作れます。

カーソルが点滅状態で、

「チラシ・勧誘印刷物の」

と、入力します。

2行になった場合は、ボックスを広げて、1行にしましょう。

文字を入力1

もう一度、文字を入れます。

【挿入】⇒【図形】⇒【テキストボックス】

「無断投函は一切お断り!」

このように、2つに分けた方が、位置や行間を後で調整しやすいです。

それぞれ、フォント種類とサイズを設定します。

テキストボックスの外側をクリックすると、

テキストボックス全体を選択状態にすることが出来ます。

ここでは、

  • フォント:游ゴシック
  • フォントサイズ:20
  • 太字

に設定しました。

右に寄せた感じで配置しておきましょう。

文字を右よせ

ピクトグラムアイコンを入れる

ピクトグラム(絵文字)アイコンを入れましょう。

ピクトグラムは、老若男女、国籍問わず、意味を理解出来る、

人類共通語です。

分りやすい表現にしましょう。

ポストに投函する人が、外国の方でも、効果を出すことが期待できます。

自分でオリジナルをデザインしてもOKです。

ここでは、パワーポイントに入っている、ピクトグラムアイコンを組み合わせてみます。

①【挿入】⇒②【アイコン】⇒③【コミュニケーション】

【手紙】と【資料】をチェックして、【挿入】ボタンをクリック。

アイコン挿入

読み込まれたアイコンを縮小して、適当な位置に配置し、

少し回転させて、動きを表現してみましょう。

少し回転

禁止マークを入れる

次に禁止マークを入れます。

【挿入】⇒【図形】⇒【禁止マーク】

禁止マークを入れる

【Shiftキー】を押しながら、ドラッグして描きます。

正円の禁止マークが描けました。

先ほどのピクトグラムアイコンの上に、禁止マークをかぶせて配置します。

禁止マークを配置

◆ちょっとメモ
禁止マークは、アイコン一覧にもありますが、
線の太さを変えたい為、図形に入っている
【禁止マーク】を使いました。

禁止マークを調整する

禁止マークをクリックすると、オレンジ色の点があらわれます。

この点をつかんで動かすと、

禁止マークの線太さが変えられます。

少し、細めにしましょう。

線を細くする

つづいて、色を変えます。

禁止マークを右クリック⇒【図の書式設定】

⇒【塗り】⇒【赤】

下のピクトグラムアイコンをもう少し見えるようにしたいので、

禁止マークを透けた感じにします。

同じく、図の書式設定画面で、【塗り】の下の透明度バーを動かし、

20%にします。

輪郭線はくどいので、消しましょう。

同じく、図の書式設定画面で、【線】⇒【線なし】をクリック。

禁止マークを調整

Sanako2
Sanako
各部の位置を調整して、デザインの完成です!
簡単でしたね!

デザインの完成

印刷する

はがきサイズに、ラベルがもう一つ収まる感じなので、

貼り損じも考慮し、コピーして2つにします。

全体を囲って選択し、Ctrlキーを押しながら、下にドラッグします。

コピーを作成

ラベル用のはがきサイズ用紙をセットし、印刷します。

今回使用するのは、屋外でも使える防水タイプです。

通常の紙の上に、透明粘着フィルムを貼るようになっています。

【UV95%以上カット】とあるので、紫外線による色あせも防げそうです。

印刷したものを、しばらく乾燥させ、上から透明シートを貼り付けます。

 

最後にカッターでカットして、完成です!

カットして完成

まとめ

Sanakoパワポで【無断投函お断り】ラベルをピクトグラムを入れて作る方法を紹介しました。

実際に貼ってみて、しばらく様子を見てみます。

効果があることを期待しましょう。

簡単なので、皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?

今回は、ピクトグラムサインを使っていますが、

せっかく作るのであれば、

オリジナルの挿絵を入れてみると良いと思います。

 

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

****************

Sanako2
Sanako
貼ってから3週間たちますが、効果は絶大です!
オススメです!