パワーポイントで作る「透過」で写真の「内部」を表現!

透過で内部を表現

 

Piko大今回は、パワーポイントで作る「透過」で写真の「内部」を表現する方法を紹介します。

内部を見せたい部分の画像をトレースして、透明度を設定して合成します。

内部は、想像して描いてみます。

フォトショップ使いの人も、使い方が似ているので、参考になると思います。

本記事は、PowerPoint 2019 Windows10を使った説明です。

◆この記事で分ること

  • パワーポイントを使って、写真の一部に「透過」を設定する方法。
  • 写真の「内部」を表現するコツ。

 

スポンサーリンク

作品の構成と制作の流れ

作品の構成は、下図のようになっています。

ベースの写真の上に、チューブの下地、内部の図、チューブカバーの図が重なっています。

絵の構成図

制作の流れは以下のようになります。

◆制作の流れ

  • 「内部を見せたい部分」をトレースして、透明度が設定出来るパーツを作る。
  • パーツを複製して、1つは下地、もう一つは、透明度をつけて透けたカバーに。
  • 下地とカバーの間に、内部を描いて合成。

 

「内部を見せたい部分」の輪郭をトレース

Piko小
Piko
それでは、順に説明していきます。
【1】まず、写真を読み込みます。
①挿入⇒②画像⇒好みの写真を選択
歯磨き粉の写真を使います。
写真の読み込み
【2】内部を見せたい部分の輪郭をフリーフォームで描いていきます。
①挿入⇒②図形⇒③フリーフォーム:図形を選択。
フリーフォームで描く1
キャップ以外のチューブの部分の輪郭をクリックしていきます。最後は始点に戻って図形を閉じます。
フリーフォームで描く2
【3】輪郭図形の微調整をする。
輪郭図形を①右クリック⇒②図の書式設定⇒③図形のオプション⇒④塗りつぶし⇒⑤透明度を50%に設定。
⑥線は無しにします。
輪郭の微調整1

輪郭図形を①右クリック⇒②頂点の編集

輪郭に合わせて微調します。

輪郭の微調整2

「ハンドル」も操作して、曲線部なども合わせます。
必要に応じて、「頂点の追加」や「頂点の削除」をして、輪郭に沿う様に仕上げましょう。

「内部を見せたい部分」のパーツを作る

Piko小
Piko
輪郭図形が出来上がったら、複製して、下地とカバーをつくります。

輪郭図形を複製

輪郭図形をCtrlキーを押しながらクリック&ドラッグで複製します。
元の輪郭図形は、下地にするので、塗りを【白】にします。
また、先ほど透明度を50%にしたので、0%に戻します。
輪郭図形を複製

カバー図形に同じ写真を挿入

複製した輪郭図形は、カバー図形にするので、同じ歯磨き粉の写真を挿入します。
カバー図形を①右クリック⇒②塗りつぶし⇒③図⇒④ファイルから⇒同じ写真を選択します。
カバー図形に写真を挿入
ゆがんだ感じの「写真」が挿入されました。
輪郭図に写真が読込まれた状態

写真の位置を合わせる

写真を輪郭図形に合わせます。
輪郭図形を右クリック⇒図の書式設定⇒①図形のオプション⇒②塗りつぶし⇒③「図をテクスチャとして並べる」にチェック。

下にスクロールして、④配置を「中央」に変更。

写真を輪郭図形に合わせる1

縦と横方向に移動の欄に、▲▼ボタンで数値を変化させ、写真と輪郭をピッタリ合わせます。
※大きさが合わない時は、幅と高さの調整欄に数値(%)を入れて調整します。

写真を輪郭図形に合わせる2

ピッタリ合わせましょう。

今回は、左方向に45pt、上に3ptずらしたら合いました。

内部を描く

内部はみなさんの想像を駆使して、自由に描きましょう。

今回の作品は、カバー画像が透けた感じでかぶさります。

カバー画像には、複雑なデザインがありますので、内部を複雑に描くと、どちらも見えにくくなります。

カバー画像が複雑な場合は、内部はシンプルに描きましょう。

内部を細かく描きたい場合は、カバーを部分的に切り取ったカットモデルにした方が良いです。

Piko小
Piko
具体的に描いていきます。
カバー画像は、脇によけておきましょう。

輪郭をトレースした時と同じ要領で、フリーフォームで描いていきます。

挿入⇒図形⇒フリーフォーム

内部を描く

自分のイメージに合った感じになるよう、頂点のハンドルを調整します。

必要に応じて、頂点の追加や削除をしながら、絵を描いていきます。

着色もしていきましょう。

内部を描く1

 

◆ポイント
カバー画像のデザインが複雑な場合は、内部をシンプルに描く。

 

描いた図を立体的にする

描いた図を立体的にしていきます。

Ctrlキーを押しながら3つの図を選択⇒①書式⇒②図形の効果⇒③面取り⇒④左上を選択

図形を立体化1

もっとふっくらさせたいので、同じく3つの図を選択して、右クリック⇒図形の書式設定

真ん中の効果のタブ⇒3-D書式を展開すると、一番上に【面取り】があります。

①幅を6pt⇒12.5ptに変更します。

続いて、②【質感】を立体表示の左から2番目③【ソフトエッジ】を選択。

図形を立体化2

 

図形を立体化3

続いて、影をつけます。

上の【影】を展開します。

右上の標準スタイルのプルダウンで、外側オフセット:左下

影をつける

 

合成する

Piko小
Piko
図の重なり具合を調整して、合成していきます。

図の重なり順を調整する

パワーポイントの図は、レイヤー(層)構成になっています。

重なりの順番を入れ替えることで、見え方を変えることが出来ます。

最後に描いた図が一番上のレイヤー(層)にいるので、カバーが一番上にくるように変更します。

カバー図形を①右クリック→②最前面に移動

カバー図を最前面に移動

カバー図形の透明度を調整する

最後にカバー図の透明度を調整します。

内部に描いた図とカバーデザインの見え具合のバランスを取ります。

カバー図形を右クリック→図の書式設定→図形のオプション→塗りつぶし→透明度

今回の作品は、40%にしました。

また、透明度だけだと、内部が分りにくかったので、カバー図形をずらすことにしました。

透明度を設定

最後に下地の白が浮いた感じがするので、輪郭に沿って、内向きに薄く影を入れます。

下地を右クリック⇒図の書式設定⇒効果⇒影⇒標準スタイル⇒内側:中央を選択

その後、影の透明度を0%⇒47%に変更

下地に影をつける

 

これで完成です!(↓クリックで拡大します)

完成

まとめ

Piko大今回は、パワーポイントで作る「透過」で写真の「内部」を表現する方法を紹介しました。

◆まとめ

  • 写真の一部に透過を設定する方法
    ⇒トレースした図に同じ写真を挿入して透明度を設定。
  • 内部は、シンプルに描いた方が良い。

内部の工夫次第で、おもしろい表現が出来そうです。

皆さんのセンスにかかっていますね。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。