パワーポイントで綺麗な渦巻き【はなまる】を描いてみる!

パワポでうずまきを描く

 

Piko5パワーポイントで、綺麗な渦巻きを描いてみます。

前回の【よくできましたスタンプ】につづき、【はなまる】を描きたいと思ったことがキッカケです。(笑)

渦巻き需要は、【はなまる】と【蚊取り線香】くらいなもので、めちゃくちゃマイナーですが、お付き合い下さい。

◆この記事で分ること

  • パワーポイントで綺麗な渦巻きを描く方法。
  • 渦巻きを使って【はなまる】の作り方。
  • 渦巻きを使って【立体的な蚊取り線香】の作り方。

 

スポンサーリンク

渦巻きの描き方

Piko6
Piko
地味ですが、はりきっていきましょう!

手順概要

手順一覧

①正円⇒②1/4円

⇒③コピーして大きさを規則的に変える

⇒④整列&グループ化

⇒⑤4つにコピー&反転、円にする。

⇒⑥1/4円を1段ずらして位置合わせ。

⇒⑦不要部を削除⇒⑧完成!

Piko6
Piko
この時点で、自分で作るの無理・・・
と思った方は、こちらへ↓
<はなまる今だけ無料サンプル>作りました。

1/4円を描く

まず、正円を描きます。

挿入⇒楕円⇒Shiftキーを押しながらドラッグ

これで正円が描けました。

これを1/4円にします。

正円を右クリック⇒頂点の編集

右側の頂点で、右クリック⇒【パスを開く】

こうすると、繋がっていた円が開きます。

パスを開く

1/4円になるように、不要な頂点を消していきます。

Ctrlキーを押しながら頂点にカーソルをもっていくと、×印になり、クリックで消すことができます。

これで、1/4円になりました。

図形の塗りつぶしは【なし】にします。

1/4円にする

大きさを指定します。

1/4円をクリックして選択します。

上部メニューから、書式をクリック⇒右端のサイズ欄に

高さ:1.9cm

幅:1.9cm

と入力します。

大きさを指定

 

だんだん小さくなる1/4円をつくる

続いて、下図のようにコピーして、だんだん小さい1/4円をつくります。

やり方は簡単です。

1/4円をCtrlキーを押しながら左クリック&ドラッグでコピー

次に、書式をクリック⇒右上のサイズ欄に、0.2小さい数値を入れます。

これを繰り返すと、だんだん小さい1/4円が出来ます。

0.1まで作ります。

コピーしてだんだん小さく設定

整列します。

全ての1/4円を囲って選択し、上部メニューの配置⇒【上揃え】、

続いて【右揃え】

すると、このように、綺麗に並びます。

整列

ここで、全てを囲って選択し、右クリック⇒グループ化

1/4円をコピーして円状にする

先の1/4円をCtrlキーを押しながら、左クリック&ドラッグでコピーし、右に反転します。

右に反転は、コピーした図を選択⇒上部メニューの配置⇒回転⇒【左右反転】

続いて、同様にコピーしたものを、上に反転。

最後は、同様にコピーしたものを、左に反転。

これで、円状に並べる事が出来ます。

コピーして反転

ここがポイント1段ずらし

Piko6
Piko
並べ方がポイントです。

 

並べ方で、【はなまる】と【蚊取り線香】に分かれます。

並べ方の違い

【はなまる】は左下を基準に【1/4円】を3つとも1段ずらします。

巻き数は少ないですが、綺麗な丸になります。

【蚊取り線香】は、左側と右側の【1/2円】を1段ずらします。

巻き数は多いですが、斜めの楕円形になります。

◆並べる時のポイント
【スマートガイド】にチェックを入れましょう。
並べる時にガイドが出て位置合わせが楽になります。
シート上で右クリック⇒グリッドとガイド⇒【スマートガイド】
スマートガイド

【はなまる】を例に説明します。

左下の1/4円が基準です。

右の1/4円を1段下にずらして、合わせます。

位置が合うと、このように赤線が出て知らせてくれます。

スマートガイド表示状態

次に右上の1/4円を、右に1段ずらして合わせます。

最後に左上を合わせます。

うまく合わさると、渦の始点が4つ見える形になります。

位置合わせ

ここまで出来たら、不要な部分を消していきます。

一旦全ての図を囲って選択⇒右クリック⇒グループ化⇒【グループ化解除】

グループ化解除

下図の【赤】意外の部分が不要なので、左クリックで選択して、Deleteキーで消していきます。

不要部を削除

最後に残った渦巻き図の全体を選択して、右クリック⇒グループ化して完成です。

【蚊取り線香】の場合は、左右方向はずらさずに配置します。

以降の手順は同じです。

渦巻き図形の完成

 

スポンサーリンク

【はなまる】マークの作り方

Piko6
Piko
先ほどの、渦巻きを使って【はなまる】マークを作ってみましょう。

線を太くしてペンで描いた感じに

渦巻きの線を太くします。

書式⇒図形の枠線⇒太さ⇒6pt

ペンで描いた感じになってきました。

線を太くする

まわりの花びらを描く

渦巻き図形の脇に、円を描きます。

ここでは、Shiftキーを押しながら正円を描きました。

この正円をCtrlキー+左クリック&ドラッグで、円の軌道状に配置するイメージで、かつ円同士がかさなるように配置していきます。

最後に、真ん中を塞ぐように円を配置します。

真ん中は、塞ぐことを目的としますので、円は正円でなくてもよく、塞げるように大きさを合わせて下さい。

花びらを描く1

全ての円を囲って選択し、書式⇒図の結合(接合)で、一体化します。

花びらを描く2

図の塗りつぶしを塗り無しに設定します。

線太さは、先ほどと同じ【6pt】で色は【赤】を選択します。

渦巻きと位置と大きさを合わせましょう。

位置合わせと大きさ調整

 

線の端や花びらの頂点部を丸めたい場合は、

全体を囲って右クリック⇒図形の書式設定⇒線⇒【線の先端】⇒【丸】、【線の結合点】⇒【丸】

これで、少しやわらかい感じになります。

線端や頂点を丸くする

最後に、全体を囲って選択し、右クリック⇒グループ化

これで完成です!

こちらは↓、線の太さや色を変更したバリエーションです。

バリエーション

スポンサーリンク

立体的な【蚊取り線香】の作り方

Piko6
Piko
次は立体的な蚊取り線香です。

線を太くし、色を緑に変更

先ほど作った【蚊取り線香用 渦巻き図】を用意します。

線を太く【7pt】、色を【緑】にします。

線太さと色を変更

これだけで、【蚊取り線香】なのですが、今回は立体的にしてみましょう。

蚊取り線香図を選択⇒書式⇒図形の効果⇒3-D回転⇒平行投影から選択

立体的にする1

斜め上から見た絵になりましたね。

立体的にする

Piko6
Piko
次に、厚みを付けていきましょう。

同じく図形を選択⇒書式⇒図形の効果⇒【面取り】

立体的になりましたが、ちょっと変ですね・・・

立体的にする2

修正していきます。

図を右クリック⇒図形の書式設定

右にメニューが出てきます。

五角形アイコン(効果)⇒3-D書式⇒面取り幅を【6pt⇒0pt】に変更

続いて、少し下の方、【質感】⇒左上の【つや消し】を選択

その下、【光源】⇒右上から2番目の【ソフト】を選択

立体的にする3

上記設定をすると、以下のようになります。

立体的な蚊取り線香の出来上がりです。

立体的にする4

蚊取り線香の入れ物を描く

Piko6
Piko
ついでに、入れ物も描いちゃいましょう。

正円を描きます。

蚊取り線香と同じ方向から見る感じにします。

書式⇒図形の効果⇒【3-D回転】⇒平行投影から蚊取り線香と同じ向きを選択

続いて、同じく図形の効果⇒【面取り】⇒へこんだ図形を選択

これでお皿が出来ます。

入れ物を描く1

もうちょっと深い入れ物にしたいので、

図形を右クリック⇒図形の書式設定

右に出るメニューで、

五角形アイコン(効果)⇒3-D書式⇒高さを【4pt⇒17pt】に変更。

色を変えましょう。

【塗りつぶし】:【薄いオレンジ】

【線】:【なし】

入れ物を描く2

ここで、入れ物を右クリック⇒【最背面に移動】

蚊取り線香の下に配置してみましょう。

蚊取り線香の図を選択⇒書式⇒図形の効果⇒【影】お好みで。

これで完成です!

完成!

まとめ

Piko5需要が限りなく少ない【渦巻き】の作り方を紹介しました。

結構長丁場の記事になっちゃいました。

途中で、何度もくじけそうになりましたが(笑)なんとか完結しました。

渦巻きって割と手間ですね・・・

【はなまる】は、タブレットなどで、手書きをする場合は、おもいっきり良く書くと良いです。

綺麗に描こうとすると、線がブレて上手く描けなかったりします。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。