パワーポイントの図形を切手のように切り抜く方法

パワポの図形を切手のように切り抜く方法

 

Toa大2今回は、パワーポイントの図形を切手のように切り抜く方法を紹介します。
輪郭線を丸点線にして背景と同化させる簡単な方法と、丸図形を整列配置して切り抜く本格的な方法の2種です。

本格的な方法は、切り抜きに使う丸図形を水平・垂直方向へ連続コピー、等間隔に整列がポイントです。

◆この記事で分かること
図形を水平・垂直方向に連続コピーする方法
図形を切手のように切り抜く方法

  • 簡単な方法:輪郭線を丸点線にして背景と同化
  • 本格的な方法:丸図形を整列配置して切り抜く

 

切り抜き方による制約事項

簡単な方法と、本格的な方法で制約をまとめます。

方法概要制約事項
簡単な方法輪郭線を丸点線にして、背景と同化
  • 背景が単色の場合のみ
  • 背景が写真だとNG
  • 4隅の丸が合わない
  • 切手に影をつけられない
本格的な方法丸図形を整列配置し、切り抜く
ちょっと手間がかかる
なし

 

簡単な方法

まず、簡単な方法から紹介します。

ベースの図形を描く

ベースとなる長方形を描きます。

ここでは、切手をイメージした縦長の長方形を描きます。

①挿入⇒②図形⇒③長方形

ベースの長方形を描く

輪郭線を丸点線にして背景と同化

輪郭線の設定をします。

先ほどの長方形を①右クリック⇒②図形の書式設定⇒③図形のオプション⇒④線

図形の書式設定

各種設定を以下のように設定します。カッコ内【 】は今回の参考設定です。

1.色⇒この図を配置する背景の色にします。【白】

2.幅⇒太めにします。【5pt】

3.実線/点線⇒上から2番目の【点線(丸)】を選択

4.線の先端⇒【丸】を選択

詳細設定

 

輪郭線を丸点線にして、背景と同じ色にすることにより、切手のような感じになります。

内側に絵や写真を配置すると、それらしくなります。

切手の完成

簡単ですが、背景が2色だったり、写真だと、以下のように丸点が見えてしまい、不自然になります。

背景と色が合っていない例

 

本格的な方法

順に説明します。

ベースの図形を描く

ベースの図形を描きます。

◆長方形を描く

先ほどと同様に、切手をイメージした縦長の長方形を描きます。

①挿入⇒②図形⇒③長方形

ベースの長方形を描く

◆色を変える

色を変えておきます。
※作業をしやすくする為です。

①図を右クリック⇒②塗りつぶし⇒③適当な色を選択します。

長方形の色を変える

切り抜きに使う図形を描く

切り抜きに使う図形を描きます。

◆丸図形を描く

切手の切り取り線のイメージなので、小さい丸図形を描きます。

①挿入⇒②図形⇒③丸を選択し、Shiftキーを押しながら描きます。

※Shiftキーを押しながら描くと正円になります。

小さい丸図形を描く

◆丸図形を長方形の隅に配置

丸図形の中心が長方形の隅にくるように配置します。

右下の拡大バーで拡大して作業しましょう。

丸図形を長方形の隅に移動すると、ガイドが出ますので、簡単に合わせられます。

丸図形を隅に合わせる

memo
◆ガイドが出ない時
スライド上で、右クリック⇒グリッドとガイドの右の三角をクリック⇒スマートガイドをクリック
一度クリックすると、チェックが付きます。
これで、ガイドが出るようになります。
スマートガイド設定

◆丸図形をコピーして並べる

丸図形をコピーして長方形の辺上にならべます。

ShiftキーとCtrlキーを同時に押した状態で、丸図形を左クリックし、そのまま横にドラッグ。

ドラッグを離すと水平にコピーされます。

ShiftキーとCtrlキーを同時に押したまま、今コピーした丸図形をクリック&ドラッグで横にコピー。

これを端までくりかえします。

丸図形の間隔はバラバラでOKです。

最後の丸図形は、中心を長方形の隅に合わせます。

横方向にコピー

ポイント
Shiftキーを押しながらドラッグすると、水平、垂直方向に移動します。
Ctrlキーはコピーするコマンドです。
同時押しで、水平、垂直方向にコピーが出来ます。

 

◆丸図形の整列①

丸図形を均等な間隔に整列させます。

辺上の丸図形を囲って選択⇒①配置⇒②配置⇒③左右に整列

この時、「選択したオブジェクトを揃える」にチェックがあることを確認して下さい。

チェックが無い場合は、先に、クリックしてチェックをつけて下さい。

均等に整列

 

ポイント
「選択したオブジェクトを揃える」にチェックがあると、両脇の図形は固定で、内側の図形が均等に並びます。

◆対辺にコピペ

1つの辺が出来上がったら、対辺はコピペします。

丸図形全てを囲って選択し、ShiftキーとCtrlキーを同時に押したまま対辺にドラッグ。

位置を合わせて、ドラッグを解除すればコピー完了です。

対辺にコピペ

◆縦方向を同様に作成

縦方向についても、同様に作成します。

ShiftキーとCtrlキーを同時に押した状態で、右上の丸図形を左クリックし、そのまま下にドラッグ。

ドラッグを離すと垂直にコピーされます。

ShiftキーとCtrlキーを同時に押したまま、今コピーした丸図形をクリック&ドラッグで下にコピー。

これを端までくりかえします。

丸図形の間隔はバラバラでOKです。

最後の丸図形は、中心を長方形の隅に合わせます。

◆丸図形の整列②

同様に、丸図形を上下方向に均等な間隔に整列させます。

辺上の丸図形を囲って選択⇒①配置⇒②配置⇒③上下に整列

上下に整列

 

丸図形の縦と横の間隔
両端を固定して間を均等整列するので、縦と横で、丸図形の間隔を同じにするには、丸の数と間隔を決めて、ベースの長方形の縦横寸法を算出する必要があります。
実際は、そこまでしなくても、見た感じで違和感がなければ良いと思います。

 

◆対辺にコピペ

同様に対辺はコピペします。

コピー対象の丸図形を囲って選択し、ShiftキーとCtrlキーを同時に押したまま対辺にドラッグ。

位置を合わせて、ドラッグを解除すればコピー完了です。

これで切り抜き用の図形が完成です。

対辺にコピペ

切り抜く

4辺全てに丸図形が整列出来たら、いよいよ切り抜きです。

①長方形と丸図形を全て囲って選択

②書式⇒③図形の結合⇒④切り出し

これで切り抜かれました。

切り抜き

余分な部分を選択して、Deleteキーで除して完成です。

余分を削除して完成

※色は、丸図形の色に変わります。
必要に応じて変更して下さい。

カットした図をブログで使う時の注意点

図を右クリックで、「図として保存」をすると、図だけが保存されます。

これを、ブログに貼ることは可能です。

注意点としては、保存ファイル形式に png形式を選択して下さい。

↓png形式で保存時の表示

簡単版:丸点線は背景色(png形式)
簡単タイプpng形式
本格版:パワポで影つけ(png形式)
本格タイプpng形式

jpegは、透明をサポートしていないので、画像は白背景の四角形として表示されます。

外形にギザギザがあっても、その外側の四角形の画像となり、以下のようにギザギザ部の背景が白になります。

上記のように影をつけた場合も、影の透明部が白になります。

↓jpeg保存時の表示

簡単版(jpeg形式)
簡単タイプjpeg形式
本格版(jpeg形式)
本格タイプjpeg形式

本サイトのように、背景に色がついていると、白が出てしまい残念な結果となります。

まとめ

Toa大2パワーポイントの図形を切手のように切り抜く方法の紹介でした。
慣れると簡単です。

ポイントをまとめると、

ポイント
  • 簡単な方法:輪郭線を丸点線にして、背景と同じ色にする。
  • 本格的な方法:丸図形を連続コピー&整列させて、切り抜く。

ひと手間で、簡単に絵や図の表現を豊かにすることが出来ます。

ぜひ試してみて下さい。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク