使ってみた!第二種電気工事士の工具レビュー(丸ケーブル用ストリッパー編 )

丸ケーブル用ストリッパー

 

Masayoshi大第二種電気工事士の技能試験に向けて、必要工具の素人目線レビュー。
今回は、丸形ケーブル用のストリッパーです。
購入理由はズバリ、電工ナイフは怪我しそうなので使いたく無いというところにつきます。

丸形ケーブルの被覆取りをストリッパーと電工ナイフで比較します。

◆この記事で分かること
電工ナイフとの比較で、

  • 丸形ケーブルの被覆取りの作業時間比較
  • 作業の安全性比較
スポンサーリンク

技能試験でVVRケーブルが出る確率

第二種電気工事士技能試験の13問の候補問題で、VVRケーブルを扱うのは、No.8とNo.13です。

確率は、2/13です。

  • No.8:VVR2.0-2C
  • No.13:VVR1.6-2C

どちらも、片側は施工省略なので、被服を取るのは、片側のみになります。

丸形ケーブル用ストリッパーについて

今回購入したのは、マーベル製ケーブルストリッパーMC-012です。

黄色いプラスティック外装。

Made in Germany ドイツ製ですね。

パッケージは完全に日本語。

重さは、61gと軽量です。

 

ストリッパーの重さ
Piko疑問
Piko
パッケージに丸形ケーブルφ4~φ28mmに対応とありますが、
加える部分は、16mmまでしか開きません・・・
Masayoshiたじたじ
Masayoshi
謎ですね・・・
まぁ、VVR1.6-2はφ10mmなので、
気にしないことにしましょう。
Piko疑問
Piko
線の被服取りにφ1.6が無いんですが・・・
Masayoshiポイント
Masayoshi
ここ注意点です。
単位がmm2になっています。
すごくちっちゃく「2」の記載が・・・
平方ミリメートル・・・断面積表記です。
断面積表記換算表を下に記します。

単線直径断面積ストリッパー
該当部
φ1.6mm2mm²2mm²
φ2.0mm3.14mm²3.5mm²
φ2.6mm5.3mm²5.5mm²
Piko疑問
Piko
注意しないと・・・
Masayoshiたじたじ
Masayoshi
両側に記載してあるので、
片側は直径にして欲しいですね。

刃の構造と調整

ケーブルの被服を取るところの、構造と刃の高さ調整について。

刃の構造

黄色い外装の中心付近にあり、ケーブルをくわえる部分のバネは固めなので、通常の使用範囲では、刃に直接触れることは出来ないようになっています。

刃の位置

刃は下図のように、自由に回転する台に立ってくっついているイメージです。

刃の構造

さらに、刃は回転軸からずれた位置にあり、ストリッパー本体が進む方向に刃が回転して向くようになっています。

なので、ケーブルにくわえて、回転させている時は、回転方向に刃が向きます。

回転後に、横方向に引き抜く時には、刃が90°向きを変えて、引き抜く方向に切り込みを入れます。

刃の高さ調整

刃の高さ調整リング

赤いリング状の部分を回すと、刃が上下します。

しかし、メモリは無いので、刃の出し具合は見た目で調整になります。

飛び出し量は、最大1.5mmくらい。

VVR1.6-2Cの外装被服は実測1.2mmです。

なんどか試してみて、高さを決める必要がありますが、難しくは無いです。

刃の移動量

 

ストリッパーを使ってみる

実際に使ってみます。

ストリッパーで外側被服を取る

ケーブルをくわえて、2回転ほど回して、軸方向に押すと被服が抜けます。
とても簡単です。
時間にして数秒で完了します。
外側被服をストリッパーで取る
被服を取る量が5cmくらいの場合は、被服とその中にある白い介在の滑りが良いので、上記のように被服を半分に切ることが出来ず、抜けちゃいます。
白い介在のカットは、はさみでも出来ますが、360°切るのに刃の長いはさみだと指を切りそうで怖いです。
刃の短いニッパーを持参することをおすすめします。
介在
memo
介在とは、紙やビニール系のテープで出来ています。
複数の線をまとめて1本の丸ケーブルにする時、ケーブルの断面を丸くする為に、隙間を埋める役目をしています。

 

線の被服を取る

次に、線の被服を取ります。

先に書きましたが、ストリッパーの表記は断面積なのを注意して、該当する部分ではさみ、数回ねじって引き抜くと取れます。

こちらも簡単です。

線の被服取り

電工ナイフで被服を取ってみる

比較として、電工ナイフでVVRケーブルの外装被服を取ってみます。
電工ナイフの場合、ケーブルに1周切り込みを入れるのが、ちょっとやりにくいですね。
切り込み深さは、力加減で決めますが、初挑戦でも切り込み過ぎることは無く、出来ました。
電工ナイフで外装被服を取る
問題は、VVFストリッパーの時も書きましたが、外側の被服よりも、中の線被服を取る方が、やりにくいです。
こちらの為に、ストリッパーがあった方が良いと感じます。
線の被服取り
介在を切り取って、線の被服まで取る作業時間ですが、
  • ストリッパー:81秒(介在をむく時間が大半)
  • 電工ナイフ:130秒(外装と線の被服に360°切り込みを入れる部分に時間がかかる)
ストリッパーがダントツ速いですね。

まとめ

Masayoshi大丸形ケーブル用ストリッパーは、専用だけあって非常に簡単かつ安全に被服とりの作業が可能です。

技能試験の時間短縮としておすすめです。

特に、試験中は時間に追われ、焦るので、電工ナイフだと怪我が懸念されます。

試験をクリアした後、実務で使う場合は、刃の耐久がどの程度か気になりますね。

交換式ではないようなので。

使い捨てだと、ちょっと高いかな。

参考までに、商品リンクを貼っておきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。
スポンサーリンク