THE THORでConohaサーバー使用時の追加CSS更新エラー対策

更新エラーの対策

 

Masayoshi6THE THORで【追加CSS】や、【functions. php】などを更新する時、エラーが出る現象がありました。

エラーは「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」です。

最近【Conohaサーバー】に引っ越しており、サーバーのセキュリティー機能が影響していました。

回避方法を紹介します。

◆この記事でわかること
【THE THOR】で【Conhaサーバー】を使っている場合の【追加CSS】更新エラー対策

原因はConohaサーバーのWAF

Masayoshiポイント2
Masayoshi
結論からいうと、【Conohaサーバー】のセキュリティー機能【WAF】が【ON】になっていると、更新エラーが起きます。
WAF(Web Application Firewall)とは
Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。  【Conohaサーバーコントロールパネル説明より引用】
THE THORの追加CSS更新時のエラーメッセージはこんな感じです。
エラーメッセージ
Masayoshiポイント2
Masayoshi
時間を置いても、改善しません。
【functions. php】の場合は、更新ボタンを押した際、指定のURLがありませんという感じのエラーが出ます。

対策方法

Masayoshiポイント2
Masayoshi
対策方法です。
【THE THOR】で【追加CSS】や【functions. php】を更新する場合は、Conohaサーバーのコントロールパネルにて【WAF】を一時的にOFFにしましょう。
サーバー設定変更
①Conohaコントロールパネルにログイン
②左側メニュー【サイト管理】⇒【サイトセキュリティ】⇒【WAF】
③利用設定 【ON】⇒【OFF】に変更
【THE THOR】側の変更が終わったら、忘れずに【Conohaサーバー】の【WAF】を【ON】に戻しましょう。

まとめ

Masayoshi6【THE THOR】と【Conohaサーバー】の組み合わせで起きた出来事を紹介しました。
他のサーバーでも同様のことが起きた場合は、【WAF】を【OFF】にしてみることをおすすめします。
最後まで御覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク