テーマを一新してリニューアルOPENです!これからも、よろしくお願い致します。

使ってみた!第二種電気工事士の工具レビュー(圧着工具編 )

圧着工具レビュー

 

Masayoshi大第二種電気工事士の技能試験に向けて、必要工具の素人目線レビュー。
今回は、圧着工具です。
ポイントは、圧着時の力具合と、圧着性、ちゃんと刻印が転写されるか?ですね。

◆この記事で分かること

  • 圧着工具の使い勝手。
  • 芯線数に関係なく、圧着と刻印はうまくいきますが、力がいる場合がある。

配線の準備

まず、配線の準備をします。
前回購入したケーブルがたくさん残っているので、被服剥ぎ取り作業をします。
作業には、VVFケーブルストリッパーを使います。
注意点などは、こちらの記事を参照して下さい。
関連記事

  第二種電気工事士・技能試験に向けて、準備は進んでいますか? 前回、おすすめ工具の外観レビューをしましたが、今回は、使って見てのレビューです。 はじめてVVFストリッパーや電工ナイフを使います。 素人目線の役立つ[…]

工具レビュー
VVF 1.6-2Cを2本用意して、こんな感じで被服を取りました。
被服を取った状態

圧着してみる

圧着をしてみましょう。
圧着工具は、ホーザン製 P-737 中スリーブまで対応品です。
※大スリーブは圧着出来ません。
この圧着工具を選定した理由は、以下の記事を参照して下さい。
関連記事

  皆さん、第二種電気工事士筆記試験お疲れ様でした。 いかがでしたか? ちょっと引っ掛けみたいな問題もありましたね~。 さて、答え合わせの結果、いけると確信した方、次は技能試験です。 令和2年度 第二種電[…]

電気工事士技能試験の工具まとめ

スリーブの選択一覧

ここで、スリーブの選択一覧を記載しておきますね。

スリーブ 刻印 電線の太さと本数
小スリーブ 1.6×2本
1.6×3~4本
2.0×2本
2.0×1本+1.6×1~2本
中スリーブ 2.0×3~4本
2.0×1本+1.6×3~5本
2.0×2本+1.6×1~3本
2.0×3本+1.6×1本
2.6×2本

小スリーブ圧着(刻印:○)

小スリーブで刻印○のパターンは、φ1.6×2本のみです。
ケーブル芯線に、リングスリーブを通します。
通す時に、口元がラッパ状に開いた方から入れます。
スリーブをはめた状態
圧着工具のハンドルをギュッと握って、ロックを解除します。
リングスリーブに圧着工具をはめます。
「○」と記載があるところにはめます。
ケーブルの位置(リングスリーブが被服にかぶらない、ギリギリの位置)を調整して、圧着します。
握りきると、圧着が完了し、ロックが解除されます。
私は、握力無い方ですが、力的に問題なく出来るレベルです。
上手く圧着できました。刻印も見えますね。
反対側は、食い込んでしっかり圧着されています。
刻印○の仕上がり
刻印の反対側

小スリーブ圧着(刻印:小)

小スリーブで刻印小のパターンで、φ1.6×4本を圧着してみます。
4本になると、被服の厚みが干渉して、最後までスリーブが入りにくくなります。
あらかじめ、入れやすい様に、芯線を少し曲げた方が良いです。
スリーブに圧着工具の「小」と記載があるところにはめます。
圧着します。しっかりと握りきります。
こちらも難なくできました。刻印も見えますね。
圧着小刻印仕上がり
もうひとパターンやってみます。
φ2.0×1本+φ1.6×2本です。
こちらも問題なく出来ました。
小刻印パターン2

中スリーブ圧着(刻印:中)

今度は、中スリーブです。
φ2.0×2本+1.6×3本(合計5本)を圧着してみます。
スリーブに圧着工具の「中」の記載があるところにはめます。
圧着します・・・が、これ結構力が必要です。
両手で思いっきり、握りきる感じです。(握力の弱い方はきついかも
中刻印仕上がり

芯線の位置による刻印の仕上がり

今回、いろいろなパターンの圧着をしてみましたが、芯線にスリーブにはめた時の、芯線の位置の違いによる、刻印の仕上がりに違いは見られませんでした。
どの本数でも、刻印は付き、圧着も問題なく出来ます。
ただし、本数が多くなる、中スリーブは、かなり力が必要です。
テキストでは、大スリーブ対応の大型圧着工具の方が、てこの原理で握力の弱い人でも圧着出来るとあります。
ただ、工具自体が重いので、取り扱いは苦労する気がします。
圧着過程で、ある程度のところまで片手で出来ないと、スリーブずれ、芯線ズレなどを補正出来なくなります。
最後の握りきるところだけ、両手が理想です。
この辺りは、早めに工具を準備して、確認することをおすすめします。

圧着の欠陥について

どのような圧着がNGなのかを把握しておく必要があります。
一般財団法人 電気技術者試験センターに記載の欠陥の判断基準の公開です。
こちら↓のページの下に2020年3月更新版が出ています。
外部リンク<欠陥の判断基準公開ページ>
以下のリンクは2020年3月更新版のPDFです。
必ず目を通すようにして下さい。
外部リンク<電気工事士技能試験の概要と注意すべきポイント>
圧着意外にも、たくさんの注意点が記載されています。

まとめ

Masayoshi大圧着工具の使用レビューを紹介しました。
圧着と刻印は問題無く出来ることが分かったので、一安心です。
注意点としては、
  • リングスリーブの向き(口もとが開いた側から入れる)
  • リングスリーブは被服にかぶらない
  • 圧着工具の場所(○、小、中)に注意。これ以外と間違いやすいです。
圧着工具は握りきらないと、ロックが解除されず、次の作業にいけないので、圧着不良は起こりにくい構造になっていると思います。
芯線が多いと、圧着には力が必要です。
また、芯線が多いと、圧着する過程で、芯線がズレやすくなります。
こちらも注意が必要です。
いずれにしても、自分の握力で問題無く作業が出来るかどうかを、早めに確認しましょう。
最後までご覧頂きありがとうございました。
スポンサーリンク